TOP  >   用語集

用語集

トラス構造(とらすこうぞう)

木材・鋼材などの単材を、ピン接合で三角形に構成し、その三角形をつなぎ合わせ、組み立てた骨組。
三角形を組み合わせた構造は、外力に対する抵抗が強く形が崩れにくい。
各単材は軸方向力で外力とつりあい、曲げ・せん断力は生じない。形状によって名称がつけられている。

▲画面トップへ

溶融亜鉛めっき鋼板(ようゆうあえんめっきこうはん)

溶融した亜鉛をめっきした鋼板。
耐食性がよい。(亜鉛が鋼の腐食を保護する。)

▲画面トップへ

主な屋根形状

主な屋根形状

▲画面トップへ

屋根の各部名称

屋根の各部名称

▲画面トップへ

方杖(ほうづえ)

筋違(すじかい)の入らない骨組みの補強のために、垂直材と水平材の隅角部に入れる斜材。
水平荷重(地震・風など)による変形防止に役立つ。

▲画面トップへ

火打ち材(ひうちざい)

水平に直交する部材間に斜めにかけ渡し、隅を補強するための部材。
地震や風などの水平力による、入り隅部の変形を防ぐ。

▲画面トップへ

けらば

切妻屋根の妻側の縁端。

妻壁から突き出た部分を「けらば」または、「そば軒」といい、
この箇所で用いられるたる木を「けらばたる木」、瓦を「けらば瓦」という。

▲画面トップへ

垂木(たるき)

屋根下地の野地板を受ける材。棟木(むなぎ)・母屋(もや)・軒げたに架設する。

▲画面トップへ

配付け垂木(はいつけたるき)

寄棟屋根、入母屋屋根(いりもややね)などで、すみ木に取り付けるたる木。

▲画面トップへ

隅木(すみぎ)

寄棟屋根の隅棟をささえる斜材。

▲画面トップへ

母屋(もや)

もやげたともいい、棟に平行にかけ渡してたる木をささえる部材。

▲画面トップへ