TOP  >   製品案内  >   床組トラス

床組トラス 製品案内

木製床組トラス

  • ツーバイフォー工法用製材をギャングネイルで接合した、平行弦トラスです。
  • 構造計算により、トラスの高さ、長さを自由に設計できます。
    基本的には両端2点支持ですが、中間支点をとりたい場合にも対応可能です。
  • トラス幅は89mmあり、置くだけで安定するので設置・施工が簡単です。
  • 高気密・高断熱住宅の換気ダクトなどの太い配管や電気配線も、床根太方向を気にせず、
    自由な配置が可能になります。

木製床組トラス設計例

木製床組トラスの設計例
使用材料 : 上・下弦材 SPF甲種 特級 402 :枝束材 SPF甲種 2級 402
固定荷重:660N/㎡(トラス自重含む)
積載荷重:1800N/㎡
トラス間隔:@455mm以内
トラスの高さ トラスの幅 スパン(トラスの長さ) 最大たわみ Webのすき間(D) このトラスと同サイズ2×4製材
336mm 89mm ≦5460mm 9mm 120〜200mm 414
387mm 89mm ≦5915mm 9mm 180〜230mm 416
450mm 89mm ≦6370mm 9mm 240〜280mm -
トラス高さ336mm スパン≦5460mm 最大たわみ9mm
トラス高さ387mm スパン≦5915mm 最大たわみ9mm
トラス高さ450mm スパン≦6370mm 最大たわみ9mm

Posi-STRUT(ポジ・ストラット)床組トラス

  • 「Posi-STRUT」とは、米国のマイテック社によるV字型金物の名称で、
    ギャングネイルと同じく溶融亜鉛めっき鋼板です。
    その歯の部分をツーバイフォー工法用製材に圧入し、平行弦を形成します。
  • 平行弦のウェブ材をPosi-STRUTで構成することでトラスが軽量化し、ウェブ内の空間も広くなります。
  • Posi-STRUTには、ツーバイフォー工法用製材の210、212の高さに合わせた種類があり、高さ・
    矩計など既存のプランに影響を与えません。
  • Posi-STRUT床組トラスは、その構造上、一般住宅の両端2点支持の床根太としての使用のみと
    なります。

Posi-STRUT(ポジ・ストラット)床組トラス設計例

Posi-STRUT(ポジ・ストラット)床組トラスのスパン表
上・下弦材 SPF甲種 2級 402
固定荷重 :450N/㎡(トラス自重含む)
積載荷重:1800N/㎡
呼び名 トラスの高さ トラスの幅 トラス設置間隔 スパン(トラスの長さ) Webのすき間(D) このトラスと同サイズ2×4製材
PS25 235mm 89mm ≦500mm ≦3640mm 140mm 410
PS25 235mm 89mm ≦455mm ≦4550mm 140mm 410
PS30 286mm 89mm ≦500mm ≦3640mm
200mm 412
PS30 286mm 89mm ≦455mm ≦4550mm 200mm 412
PS30 286mm 89mm ≦310mm ≦5460mm 200mm 412

(青色=両面配置、水色=片面前側配置、黒色=片面後側配置)
Posi-STRUT
お問合せ・資料請求 ▲画面トップへ